お問い合わせ

「ほんとうはほんとうは、どうしたいの?」

子育てコーチのあさちゃんです。

 

小学生の子どもに

「〇〇しなさい!」と

【禁止と命令】で

子育てをしていましたが、

「やだ・・・」とか

やったふりをして逃げる、隠す等

こちらの思うような行動を

とらなくなってきました。

 

「〇〇しないなら、××させないよ」等と

脅しのような言葉がけをしてでも、

何かをさせることにこだわる

自分がいましたが、

子どもが

周りのお友達を

力で動かそうとしていることを知り

愕然としました。

 

「これではいけない・・・・」

しかし

他のやり方を知らない・・・。

なんて悪いお母さんなんだ・・・と

自分を責め、悩み、悪循環になっていた時に

NLPに出会いました。

 

年少さんから週3回

柔道の道場に楽しそうに

通っていた息子が

柔道に出かけようとした時に

「ママ~頭が痛くて、おなかが痛い」

新学期担任もかわり

なんだか落ち着かない様子。

 

学校行く朝も

頭痛、腹痛を訴えて

お休みするものの、

昼過ぎから元気になるということを

繰り返していた時期でした。

 

「兄姉は行けていたのに・・・

なんでこの子はいけないのかしら・・・」

「辞め癖がついたり、

さぼり癖がついたりしないかしら?」

「決めたことをやらせるのが親の役目」という

私の疑問・価値観が一瞬よぎりました。

 

その時

「今この子は何を感じているのだろうか?」と

その時実践コースで学んだ

ポジションチェンジ(自分・相手・客観的な

3つのポジションを体験するスキル)をやって

息子のポジションに入りました。

 

すると

私の口から出てきた言葉は

「今日はどうしたいの~?」

息子「今日はいけない・・・」

私「今日はいけないんだね~

稽古でなにかあったのかな?

聞かせてくれる?」

息子「上級生がちょっとしたいたずらをしてくる」等と

話し始めました。

私「これからどうしたいの?」

息子「辞めたら、新年会や遠足等の

お楽しみに行けなくなるから

辞めたくはない」

 

結局、息子は週3回の稽古を

週1回全力で頑張るという道を選びました。

すると

学校への行き渋りも

いつのまにか消えていました。

自分で自分の道を決める。

それを私が

サポートできた!!!

とても嬉しい体験でした。

 

自分のポジションからだけで

話をしている時には

自分の価値観や疑問が

頭をぐるぐるまわるだけだったのに、

息子のポジションを感じたことで、

自分のポジションにいては

出てこなかった言葉が

出てくるのに驚きました。

 

NLPにはパワフルなスキルが沢山あります。

ちょっとした工夫で

まったく関わりが変わり

未来が変わります。

 

子育てで悩んでいらっしゃる皆様

子育てコーチは

いろいろなスキルとノウハウを持って

お声をかけてくださるのを

お待ちしています。