お問い合わせ

「新学期になり一人の母親として思うこと」by菊池美和coach

4月になり、新学期が始まりましたね。

子どもたちは、新しい環境の中で、新しいスタートを迎えました。

うちの娘も新5年生として、去年とは違う校舎、そして新しい先生とクラスメートと共に

張り切っています。

 

係を決めたり、お当番を決めたり。

クラブや委員会を決めたり。

新しい環境の中で、少しハイテンション気味に頑張っている娘。

目の前のことを直球で受け止め、張り切ってこなしてはいるけれど

頑張りすぎていないかな、と心配になる事もあります。

しかし今は口を出さずに。

私は心配な顔は見せずに、楽しそうに娘の話を聞くようにしています。

 

 

私が自分の子育てで一番大切にしていることは、

「自分には出来る」「私はやれる」

という自分の未来を、自分自身を信じきれる力をつけることです。

自己肯定感とも言いますが、深い部分で自分に強く自信を持つこと。

これは決して他人と比べてという事ではなく、

どんなことも自分でやり遂げる、乗り越える、

私には出来るという確信に満ちた自信を持ち続けて欲しいのです。

 

その為には、娘には色々と経験をして欲しいと思うようになりました。

失敗や上手くいかない経験もです。

時には泣いてしまったり、立ち止まって座り込んでしまうことがこの先にあるかもしれない。

でもそれは失敗や痛みを通してチャレンジを学べます。

何度でも何度でも挑戦して、やっと上手くいくと自信になります。

「ピンチはチャンスだ」と言われますが、

「チャンスがピンチに見えているだけ」で目の前の出来事には良いも悪いもないのです。

 

 

娘が低学年の頃は、環境をすべて守ってあげたかったし、心配な気持ちが多くありました。

でも今は、失敗するチャンスがあるということがどんなに素敵なことなのか。

娘にとって経験という人生の煌きが、のちの人生においてどんな大切なパズルのピースとなるのか楽しみにさえ思えます。

娘が5年生になった今、昨年とは違う感覚があります。

 

それはきっと、娘の背中がすこし大きくなったことと、私自身が母親として成長出来てきたからかもしれません。

 

親として娘を見守り、支える。

どんな事も受け入れ、共にいる。

母親としての思いがあふれた春となりました。