お問い合わせ

子どもの意欲を引き出すコミュニケーション② by高橋coach

こんにちは!
第三期子育てCOACH 高橋 知夏子です。
先週に引き続き、『子どもの意欲を引き出すコミュニケーション』について綴りたいと思います。

私たちは、子供の意欲というものをどんな時に目の当たりにするでしょうか。

目標に向かって頑張っている姿を見たとき、
仲間と共に協力し合い、行動しているとき、

おうちのお手伝いをしてくれるとき、
宿題を嫌がらずにできたとき、

泣かずに園の教室に入っていったとき、
転んでも泣かずに立ち上がったとき…など。

それぞれの時期にそれぞれの場面で、子供の意欲を感じています。

その時の目の輝きを知っていますか。
その時の声を知っていますか。

そして、
その時のあなたの状態は…
どんな様子でしょうか。

(^_-)-☆
この状態は本当に心地よくて
何度も引き起こしたくなりますよね。

だから、頑張ってしまうのです。
『親』が。

頑張りすぎて疲れていませんか。
そして、大切に育てている
あなたのお子様も。

そんなときは、コミュニケーションを見直してみましょう。

☆小さなことでも、出来ていることに対して、声がけをしてみましょう。

☆子どもに話しかけられたときは、良い出来事の内容にも注意深く耳を傾けましょう。
良い出来事は、心配がないので聞き流してしまいがちです。

そんなこと
わかってる

どうしたら
そんな風に
子どもと
会話できる?

子育ては、なかなか一筋縄にいかないものですよね。

相手の意欲を引き出すコミュニケーションに必要なのは、信頼関係です。それを築くには、会話を始める前に、まずラポールを架けます。ラポールとは、信頼の架け橋のことです。
意識をして相手の話しに耳を傾けましょう。そして、話しが途切れるまで聴いてみましょう。これが、初めの一歩です。
ラポールの架け方には様々な方法があります。

もっと知りたいと思ったら
ぜひ、相談してください。
子どもとのコミュニケーションをより良いものにするために、私たち子育てCOACHがサポートします。