お問い合わせ

子供の成長と親の成長 by 野口coach

長い夏休みも終わり、新学期が始まりましたね。

 私は中学生になり、会話が少なくなってきている息子と 休みには ゆっくり話せると思っていたのですが、彼はほとんど毎日部活。そんな余裕はありませんでした。
 いくつになっても子供の事は気になるもの。どんな事に興味を持っているのかな、どんな風に友達と接しているのかな。
色々と知りたいところですが、一緒にいる時間は減り、彼が見て、聞いて、影響を受けた体験を知ることは難しくなってきました。
あれこれ聞いても 煙たがられるだけ。そこで私は日常の会話の中で、彼の意見を聞くことを心掛けています。
 少し前に、アメフトのタックル事件がありましたね。私は息子に 聞いてみました。
「どう思う?」
「もし自分が彼の立場だったらどうする?」
 息子にとって、好きな事は相棒のようなものとのこと。周囲の圧力で、大好きだったアメフトが好きでは無くなってしまうなんてかわいそうだと。
また、他にできる所はあるのだから、そんな所は辞める そうです。
 以前は お友達に遠慮して 本当はやりたいのに 言えずに付き合って、つまらなかったとしょんぼり帰ってきていた彼。
 好きな事はとても自分にとって大切なことと自覚している。そしてやりたい事はやれるところでやればいいと思える彼になっていました。
 自分の考えをしっかり持っていることを嬉しく思い、成長を感じました。
沢山の事を知らなくても 子供の成長を感じると、親は安心します。
 試合で上手くいかず 落ち込んでいる彼に、「好きなことを楽しんでやっている時が1番良いパフォーマンスができるんだから、明日は楽しんでやってみたら」と言ってみると、「まぁね、それもありだね」と笑顔になり、次の日 元気に出かけていきました。
 大丈夫かなと心配して、あれこれ世話を焼きたくなっていましたが、そんな必要は無さそう。背中を少し押してあげるだけでいいのだと分かり、掛ける言葉が変わりました。子供の成長に合わせて、親も成長しなくてはいけないと感じた出来事でした。
 子供は 子供なりにいっぱい考えて、 親の想像を超えて成長しています。
親子で共に 成長できる関係でいられたら 素敵だなと思います。