お問い合わせ

子育てで難しいけれど、とても大切にしたいこと by十河COACH

こんにちは。この暖かさで、ツツジなどの開花も早かったですね。
そんな年もあるのだなあと感じる今年の春です。

 

さて、今回は私の体験から学んだことをシェアします。

 

私には二人の子どもがいます。
それぞれ個性が違い、どちらかというと下の子はしっかりしていて、わりと安心して育ててきました。
ところが、昨年、下の子が不安定になってしまった時期がありました。
はじめ、私は動揺し、落ち込み、原因探しをしました。

 

 

なかなか良い方向へ行かず、怒りを他へ向けてしまったこともあります。
そして、自分を責めました。
私の何がいけなかったんだろう
淋しい想いをさせてしまったのでは?
少し厳しくしすぎたのでは?

 

とても苦しい時期でした。

 

そんな中、この子には今は時間が必要なんだ
不安定になっているからといってこの子の価値が1ミリも下がるわけではない
今のこの子に寄り添い、一緒にいる時間を楽しんでいこう
愛情を伝えていこう
原因探しや他への責任転嫁、自分を責めることはもうやめよう

 

今、私にできることを精一杯やっていこう!

 

スキンシップを増やし、様子を見ながら、料理をお手伝いしてもらったりして
子ども自身が愛情を感じ、達成感、自分が家族の役に立っているとの実感を持てるような機会を増やしました。

 

一方で、この子の成長にとって、辛いけれど今が大切な時期なんだと考えました。
自分にそう言い聞かせることで、私自身が落ち着きを取り戻し、
広い視点で子どもを見守ることができるようになりました。

 

親が落ち着いていると、子どもも自分のことだけに集中できるのか
次第に状態が安定していきました。

 

 


 

今では、子どもはすっかり元気になりました。
以前のような快活さを取り戻し、色々なことを楽しんでいます。
少し頑張りすぎてるかなと感じることもありますが、見守っています。
疲れたら自分で調整できるだろうと思うからです。

 

成長したなと感じる場面もあります。
そして、きっとこの子の未来に、昨年の体験が生かされていくのだろうと考えています。

 

f85b9312cdb296a2a0a8bd2b018b44c3_s

 

親が子どもにできることは限られています。
直接守ってあげて、障害を取り除いてあげることは、大きくなるにつれてできなくなります。
子ども自身が乗り越えていく力を育てていくことが大切です。
子どもは困難を乗り越えるたくましさの種を持っています。

 

種が土から芽を出すのを待つ間、
親としてのもどかしさ、辛さ、歯がゆさはあります。
でも、愛情と信頼という水と肥料を与え続けて
こらえて待つのも親の役目なのだろうと思うようになりました。

 

子どもが伸びていく力を信じて見守ること。
難しいけれどとても大切で、親が信じてくれるからこそ
子どもも自分の力を信じることができるのだと思います。

 

この体験を通して、私自身も母親として成長できたかなと
感じています。
そして、今辛さの中にいるお母さん達に、この記事が届くことを願っています。